保育方針

園内イメージ

保育理念

生きる力と育てる力

ふたばクラブの生活の中で、子ども達は快活・臨機応変に対応し、沢山の感動体験を重ねて、考える力を養い、体力を向上します。生き抜く力をそなえつつ、後輩を、子孫を、部下を育てられること、少なくとも、そういった社会性を意識できることを大切に考えています。

保育方針

こどもに、自分自身が生きる力と次世代を育てる力を育むために、あたたかく丁寧な保育を実践する。

あたたかく丁寧な保育活動において、こどもたち一人一人が、愛されていることを自覚して育ち、自分自身が、かけがけのない大切な存在であることに自信をもって成長し、自らも人を愛し、大切に育むことができる人に成長することを目標とする。

本保育目標を実施するために、以下の5項目を指標として、保育活動を計画•実践する。

⑴安心
くつろいだ雰囲気の中で子どもの様々な欲求を満たし、情緒の安定を図り、自信を持つ。
⑵健康
健康、安全など生活に必要な基本的な習慣や態度を養い、心身の健康の基礎を培う。
⑶言語
生活の中で、言葉への興味や関心を育て、話したり、聞いたり、相手の話を理解しようとするなど、言葉の豊かさを養う。
⑷思考
生命、自然及び社会の事象についての興味や関心を育て、それらに対する豊かな心情や思考力の芽生えを培う。
⑸創造
様々な体験を通して、豊かな感性や表現力を育み、創造性の芽生えを培う。